2012年4月28日土曜日

トイレットペーパーとティッシュ

2月の頭から一人暮らしをしていますが、トイレットペーパーとティッシュってなかなか減らないですね。
トイレットペーパーは、一月半でほぼ1ロール使い切るかどうか微妙なライン、ティッシュなんてまだ一箱目。

日本人のティッシュ消費量は世界一とか言うけど、ほとんどつかわない。
んで、問題はトイレットペーパー。12ロールで298円ぐらいじゃないですか。でも12ロールなんてあったら使い切るのに1年かかっちゃう。
でも、4ロールでも298円。なんなの? 4ロールなんだから50円とは言わないけど150円ぐらいまで値段下げてよ。

どうするのよ、12ロール買っちゃったよ!

氷菓 第1話 Part.2



無駄なことはしない省エネ人間の男の子が、好奇心旺盛な女の子と突然部室で出会い楽しい高校生活が始まるというアニメ。
OPから察するに登場人物は今後1人増えて、計4人になるんでしょうか(ホームページを見ながら)。

  古典部入部
 省エネ君が姉からの頼み(命令)で古典部に入部しようと思ったら、部室には美少女が黄昏れていた。
  










  女郎蜘蛛の話
 そういえば、「わすれな草(アニメミライ作品)」もそうでしたね。あれもおもしろかった。
ここで言う「蜘蛛」は千反田さんのことなんでしょうね。
 欠員2人→千反田と奉太郎のことなんでしょうか。


 ・ 音楽室の謎
  回想シーンでは、絵柄を変えて「回想」だと一目で分かるようにしてます。あの夏でも、「妄想シーン」の背景色を誰が妄想してるかで変えてましたね。 


 ・ 光
  省エネであることから、背景の人と比べてかなり暗くなっています。
 基本夕暮れの室内が舞台ということもあるので、全体的に暗め。
 











あと気になったのは文字。原作が小説だからか文字を使った演出がはっきり出てました。演出だけで無くちょっとした背景にもしっかりと文字が書き込まれていたのが作画の良さを云々。
  















ニコニコ超会議

 別に参加したわけでも、参加したいわけでもないのですが、TLで結構賑わっているので少し。

「ニコニコ運営は慣れてないのだから少しの不手際はしょうがない」「歌い手さんはすごいのだから超会議をDisるな」なんてRTが回ってくるわけですよ。あまつさえ、「コミケだって最初は問題おこしてたんだから、初開催の超会議で問題が起こったからといって叩くのはおかしい」などと言い出してるわけですよ。

コミケはボランティアベースの無料のイベントです。サークル出展者に関しては相応の対価を必要としていますが、それこそ入場券のようなものはありません。他方、超会議は「入場するのに対価を必要とする商業イベント」です。なのでそもそもの性質が違うわけです。

簡単な話、何らかのライブに行った際、「入場の不手際で開演時間までに入場できずにライブが始まってしまった」と同じなわけですよ。お金を取っておきながら会場に入ることもできないレベルの不手際は「少しの不手際」なんてものじゃないわけです。

 ブツブツ  (別にコミケがボランティアベースのイベントだから不手際を起こしてもいいなんてことじゃないですよ。)

 

ブツブツ

ブツブツ

ブツブツ

 

 そもそも同じグループ会社の人間が「超会議」を擁護して、コミケを引き合いに出すのが一番解せない。

2012年4月24日火曜日

氷菓 第1話

放送されました。

背景と動き、さらには声優から強くCLANNADを連想させます。
方々で言われているように「作画」と「キャラ」は手放しでほめられるレベルでしょう。


感想はまた今度。

2012年4月14日土曜日

Blogを公開してみましょう。

ちょこちょこ公開しようか迷っていたのですが(特にコミケ関連の記事が理由で)控
えてました。
面倒なのでほとんどの記事を削除した上で公開してみました。

テスト

テスト2

Intuos5を買いました(3月末のお話し)。


特に絵が描けるわけでもありませんが、衝動的に欲しくなってしまったのでアキバのヨドバシで購入してきました。しかし高い。どうせならと一番大きいLサイズを買ったのですが5万円近くしました。
ペンタブは他に使ったことがないので、使用感とか比較はまったくできないのですが、紙に書いているような感覚で描けるので楽しいです。
夏コミあわせで一冊コピー本でもだせるようにしましょう。

2012年4月8日日曜日

アニメがたまってる。

春アニメが始まり始めたばっかりなのにすでにたまり始めてる・・・。


とはいえ、今期は見るの少なそう。