2012年5月31日木曜日

イオンの焼鳥

 最近、焼鳥にはまっています。といっても、食べ歩くほどのお金があるわけでもなく、また、「ねぎま」が食べられれば満足なので、外で食べるほどのことでもありません。
 つまり、スーパーで売っている物をレンジでチンすれば十分な程度のグルメ家なのです。

 さて、そんなスーパーの焼鳥ですが、近所のイオンだと店内のオリジンで作っている98円/本のものと、中国で作られた解凍物の48円/本、さらに58016本(約37円/本)と3種類の価格帯で提供されています。このうち16本入りのはなんともいえない(おいしくない)し、そもそもちょっとつまむのに16本では敷居が高すぎます。なので、前者二種を比較してみました。




 
それぞれ二本ずつ買って並べた写真です。
んで、このままレンジに入れてチンしました。


結論から言うと、98円の方は、焦げ目が強く苦かったし、油もなく大しておいしくありませんでした。48円の方が油が残ってておいしかったです。

 油って大事。


0 件のコメント:

コメントを投稿