2013年11月8日金曜日

【日記】 MicroSDを買いました。

お久しぶりです。
最近は株取引に手を出して日銭を稼いでいる無職(自称)です。
友人から「もう更新しないの?」と聞かれたので更新です。

 さて、携帯用のMicroSDやPC用USBフラッシュメモリー。どれを買えば迷ったことありませんか?
私は、ネットのレビューをあちらこちら手当たり次第に見たあげく見当違いの物を買うような人間です。去年の夏ぐらいに
東芝の海外向け32GBなUSBメモリーを買ったのですが、転送速度が1MB/sを切るようなレベルで死にたくなりました(二千円ぐらいの白い奴)。
 まぁ、それは置いておいてMicroSDを買って見ました。いつも買おうとは思うのですが、SDは地雷が多く、かといって高い=高速というほどでもないので迷います。
とりあえず、SDHCの上限一杯の32GBを比較ついでに2枚買って見ました。いつまでも2GBのSDでは、なんともいえないので。




 ベンチ写真の左側がSANDISK製、右側が東芝製です。
 早いですねぇ。
 問題は入れる物がないって事です。携帯のSDなんて100MBも使いませんもの。皆さんなにをそんなに入れてるんですかね?

測定環境 
 C P U : Intel Core i7 2600k
 R A M : DDR3 4096MB
 M / B  : P8Z68-V PRO GEN3
Reader : ナカバヤシ株式会社のUSB3.0モデル

2013年1月14日月曜日

僕は友達が少ないNEXT 第01話 「やはり俺の青春はまちがっている」感想みたいな


『僕は友達が少ない(以下、はがない)』の一期アニメはつまらなかった記憶しかありません。キャラクターの色が気に入らなかったというのもあります。しかし、二期(NEXT)はおもしろいですね!4話で手のひら返すと思うので待っててください!



 
おしりですよ!おしり!僕も叩きたい!!!!!!!
最近、おしり叩きっていいんじゃないかって思い始めてます! 
おしりを叩くと、女の子がちょっと鳴くじゃないですか!
そういうのって、すっごくそそりますよね!
僕にも叩かせてください。



エロいことしなくていいんで、おしり叩かせてくれる女の子がいたら是非、連絡ください!叩きます!叩かせてください!

 


   好きな子の写真盗撮しますよね!みんなもしますよね!
視聴者に共感を与えるアニメですね!





 ここから大事!!!!!!




 オナニーしてますよこの娘!!!!!!!!!!!!!

オナニーしてますよ!!!!!!!!!!!
オナニーですよ!!!!

オナニー!!!!

 

オナニー見せてくれる女の子いたら連絡ください!!!!!!!

 

コミケの徹夜を朝の交通事情から考えてみる。




 ひたすら「徹夜死ね」という感じに、ひたすら罵倒するだけのツイートが延々流れていくので、コミケ開催中の夕方から早朝ぐらいはツイッター見ないようにしている今日この頃です(挨拶)。

 さて、コミックマーケットや多くのイベントでは、「徹夜を含む早朝の来場を禁止」しているところが多くあります。

サンシャイン・クリエィション(サンクリ)
「クリエイションでは徹夜・早朝の来場を禁止しております。」
 http://www.creation.gr.jp/common/visitor.html

こみっくトレジャー(こみトレ)
「徹夜行為は、警察からの指導と防犯上の理由によりこれを禁止します。
朝7時以前の来場も近隣住民への多大な迷惑となりますので禁止します。」

ワンダーフェスティバル(ワンフェス)
「徹夜での入場待ち行列を固く禁じます」

 このように、一般的には徹夜・早朝の来場を禁止しています。さて、コミケではどうでしょうか。

一般参加者サポートページ(コミックマーケット準備会)
■禁止事項
①他の参加者、近隣に迷惑のかかる行為
 ●深夜(午前430分以前)に来場すること、徹夜・野営すること

と、具体的な時間を上げて禁止しています。さらに言えば、複数のページ・媒体を通して可能な限り「徹夜禁止」を参加者に対してアピールしています。ではなぜ、徹夜は禁止なのでしょうか。


準備会側の主張から要約すると
早朝来場者がいることによって
  来場者の誘導、施設保護等のための警備費の増大
  騒音、ゴミ等による周辺施設や住民への影響
  周辺の治安の悪化
  Etc…
と、諸々でてきます。この辺は正直当たり前の話ですし、カタログや先のPDFを読んでいただければ理解できるかと思いますので、割愛させていただきます。

では、逆に徹夜する側の立場はどうなんでしょうか。
  欲しい物があるから≒始発以降では買えないかもしれない
  徹夜が楽しいから
  アルバイト
 ぱっと出てくるのはこれぐらいでしょうか。アルバイトは、転売屋さんに雇われてそうなイメージです(偏見)。
当然、違反行為をしている手前、表だっては出てきませんし、その主張がどんなにスジが通っていても、行為自体が違反なので正当性はありません。

と、ここまでは当たり前で「誰でも」すでに知っているし、「どこにでも」書いてあることです。では、ちょっと見方を変えて、交通機関の側から見てみたいと思います。
*別に交通機関に従事しているわけではありません。ちょっと興味があって調べただけです。

  コミケにはどれぐらいの人が来るのか
 準備会発表としては、開催日合計で55万人(C732007年冬)となっています。開催日によって若干の差はありますが、1520万人程度です。

  会場までの交通機関は何があるのか
 鉄道・バス等の公共機関と、1編成あたりの輸送人員です。
  りんかい線:2000
  ゆりかもめ:400
  都営バス:70

ということで、計算してみましょう。徹夜はどの程度の人数なのかは、資料が見つかりませんでしたので、はっきりとはわかりませんが、昔スタッフが話していたのは、2日目・西側で18000人と聞いたことがあります。

単純にこの人数を東西で倍にして色をつけて4万人と考えましょう。

ある程度簡易に計算するために、運転間隔は下の表にしました。

路線名
輸送人員
運転間隔
延輸送人員(時)
累計
りんかい線(新木場行き)
2000
10
12000
12000
同線(大崎行き)
2000
10
12000
24000
ゆりかもめ(豊洲行き)
400
4
6000
30000
ゆりかもめ(新橋行き)
400
4
6000
36000
都営バス
70
2
2000
38000

地理的要因もあるので、純粋にこうなるわけではありませんが、とりあえずこれで計算してみましょう。

 さて、一番大事なのは、サークル参加者の移動です。彼らは、当然に一般来場者よりも早くに会場に入れますし、入らなければなりません。サークル通行証に記載の入場時間は「730分~9時」ですので、7時代が一番流量としては多いでしょうか。

また、参加サークル数が35000C82・三日間計)ですので、単純にこれを3等分して、12000サークル/日としましょう。ただし、サークル通行証は一般に、1サークルあたり3枚配布されるので、35000人が来場することになります。

 さて、ここでお気づきかもしれませんが、表の時間あたりの延輸送人員と、サークル参加者数がほぼ同等となっています。なので、仮に7時台の輸送をすべてサークル参加者として考えると、6時台と、8時代以降で一般参加者を輸送すると考えることが出来ます。

 実際にどの程度の人数がどの時間帯に来ているのかは分かりませんが、仮に開場時間までに、まんべんなく分散すると考えると、15万人からサークルを除いた12万人程度を、689時台で輸送することになります。これは、きわめて厳しい数字ではないのでしょうか。
 3時間での延輸送人員は約11万人です。実際のところ、すべての輸送機関が朝ラッシュ対応の状態で始発から開場までの4時間もの間、運用が出来るとは思えません。さらに、始発の時間帯が、早朝来場者に置き換えられることによって、従来の始発来場者はその後にと延々後ろに延びて行きかねません。そうなると、最終的には、サークルが時間通りに入場できないという可能性もでてきます。
 さらに、りんかい線やゆりかもめが、上下線均一な混雑になるわけもなく、どちらか(おそらく新木場・豊洲行き)の混雑が激しくなり、逆方向は若干の余裕が出てくることによって、輸送人員は減るかもしれません。そうなると、さらに朝の輸送事情は逼迫してきます。
 ここで、先の徹夜・早朝来場者の4万人を引いて、8万人程度を朝の時間帯で輸送すると考えると、比較的余裕がでてきます。

 このように、「徹夜・早朝来場は、始発から開場までのトラフィック軽減に寄与しているのではないのか」ということを言いたかったのです。文字通り徹夜を禁止して、会場周辺に分散するのではなく、純粋に始発以降で来場すると、それはそれで危険な状態になるのではないでしょうか。

*徹夜・早朝来場を正当化する目的ではありません。
*ルールや常識を守ってコミケやその他のイベントに参加することは、次回以降の開催につながる重要なことです。


2013年1月4日金曜日

コミックマーケット83(2013冬)を終えて

 みなさま、改めましてこんばんは。世間では新年だったり4日から仕事だったり、あるいは週明けから仕事だったりと大騒ぎですが、コミケで体力使い果たした私としてはどうでもいいのです。コミケ全日を朝から晩まで参加し、ブチギレながら列を作ったりした三日間はすでに思い出となりました。


 お暇なら設営に参加してみると、それはそれでおもしろい発見がありますよ?



 今回から、企業の方にも知り合いが暗躍するようになり、怪しい話を聞いたりするわけですが、コミケの企業はもう収拾が付かないような状態になりつつあるのではないでしょうか。始発で並んで、一カ所しか買うことが出来ない。つまり、1日かけて一カ所しか買えないような状態になっているというのは、購入側としては、やりきれないとおもいます。それこそ、不正な手段で入場・整列している人だけが、目当ての物を買えているような状況です。

 実際の契約がどうなっているかはしりませんが、準備会として、企業の列形成・混雑対応や、会計処理等もっと介入して、列の肥大化を防ぐようにサポートしていく必要があるのではないだろうかと思います。



 たとえば、次回C84では、過去3日目配置であった「男性向けジャンル」が2日目配置となります。そのため、今までの経験則であった「初日・2日目で企業を買う」ということではなく、「企業は初日で買い切る」という風になってしまいます。では、この状況で、1日に1カ所しか変えない状況で次回を迎えてしまうと、「コミケは行っても買えない」と感じてしまい、結果的にコミケから離れていってしまうと考えてしまいます。

 自分やその周りを見ても、「最初は企業ブース」から入ってくる人が多いです。そういう人たちが、「企業ブースの買い物おわりに」同人誌を見て、興味を持って、買うようになるってパターンが一番多いのではないでしょうか。それが、「企業ブースだけで1日がおわって」しまっては、そんな循環すら生まれなくなってしまいます。そうなれば、結果的には「同人文化は高齢化が進み、パイも減って」という、衰退産業のようになってしまいます。



 なので、一個人としては、準備会は企業の混対へ積極的な介入をするべきだし、それは結果として、準備会の目指す「同人文化の浸透」へも悪い影響を残す物ではないとおもいます。



 同人の方では、もう繰り返し「黒子のバスケ」関連の頒布を見合わせてもらうこととなりました。
2日目・東1ホール

2日目・東1ホール外周

コミックマーケット83における『黒子のバスケ』サークル・頒布物対応に関する緊急のお知らせ

http://www.comiket.co.jp/info-a/C83/C83Notice1.html



 結果として、大規模なテロや犯罪行為もなく、会期を乗り換えることができました。尤も、便乗した事案もいくつかありましたが、それは模倣犯だと思います(主観)。
 今回の、頒布見合わせ・参加見合わせを決定するのは、準備会として大変な苦労があったこととはおもいます。さらに当日の東1ホールを見て、今後二度とあっては欲しくないとおもいます。



 ただ、実際問題として、「サークルへの周知が遅すぎた」のではないかと思います。12月も二週に入ってからでは、早いところでは入稿も終り、そうでなくても、書き始めているサークルも多いでしょう。そういうコミケの準備が始まった中で、お願いを出しても、経済的負担も大きくなってしまいます。もう少し早めにだせば、サークルにとって経済的にも、あるいは別な物で参加を検討するという時間ができたのではないでしょうか?

 JP様も、今回は何事もなくおわりましたのでよかったです。(適当)


 個人的には、雨の三日間(雨対応は初日・2日)は初めてでした。コミケとしても会期通して悪天候というのは久しぶりだったようです。今回は、自分の周りの体制も変わり、また夏の課題を生かして編成したところが上手く機能したりと、色々良い形で終わったコミケでした。

ということで、夏お目にかかりましょう?