2014年3月21日金曜日

大きな変更による影響。

 ある組織において、組織自体の硬直化、特に人事面でそういったことが起きることはよくあるでしょう。 それを打開するためにどうしたらいいのか、というのはきっとどこの組織においても大変苦慮することでしょう。 硬直化によって、業務の効率化が図られずに慣例主義や、癒着、コンプライアンスに違反するような事案が発生することもあるでしょう。  それでは、実際にどうしたらいいのでしょうか。 その回答はしりませんし、そこは今回求めようとしていません。 ただ、大きな事をするのであれば、変更する前にあらかじめ周知し、事前に同意を得ておくべきだろうと思います。 いままで、社内事務をしていた人間に「明日から営業だから」といったら当人は困惑するでしょうし、不安になるでしょう。尤も、お茶汲みの人間に、 「明日からは、麦茶じゃなくて緑茶だ。」といっても当人は困惑しないでしょう。  つまり、大きい変更というのが問題なのです。 どの程度から「大きい」と定義するのかは、その組織によって異なるでしょう。ですが、少なくとも、事務を営業に回すのは大きい変更だとは思います。  組織において、誰の意思が反映された指示なのかは、もしかしたら見えにくいかもしれません。 自分の所属する部署や課の責任者かもしれませんし、あるいは執行役員だったり、CEOといった、もっと上の役職の意思かもしれません。  とはいえ、指示を出す人間にかかわらず、責任者というのは、その下に位置する人の不安や困惑を取り除く努力が必要だと思います。  決まったことをそのまま伝えるのであれば、それは誰でもできます。 その決定により影響を受ける人間に対するフォローができないのであれば、その責任者は何のために存在するのでしょうか。 対外的な意味での責任ではなく、組織の内側に対する責任というのもあるはずです。